結婚式を挙げないカップルが増えている

で聞いた話ですが、近頃は結婚式を挙げないで入籍だけすませるというカップルが増えていると聞きます。就職氷河期と呼ばれる就職難、不況を経験してきて若い世代が堅実に生きようと考える傾向にあるのです。
そのせいか若者の結婚式離れが加速しています。

しかし結婚式といえばほとんどの方は一生に一度だけの貴重な思い出となる出来事です。
個人的にも多額のお金をかけて豪華な結婚式を挙げる必要はないと考えているのですが、なにも豪華で大勢集めた披露宴を行うことばかりが結婚式ではありません。

双方の親族だけを呼んでのこじんまりとした式でもかまいませんし、新郎新婦二人だけで挙げても全然構わないのです。


で億劫になることもあるかもしれませんが、人生の一つの区切り、そして新たなスタートのための儀式として形だけでも式を挙げるのはとても良いことです。
ただ前述したように無理をして何百万もかける必要はありません。をはじめ、もちろん資金に余裕のある方はいくらかけてもかまいませんが、ごく普通の一般人であれば式だけ小さなものでもいいので挙げておき、その分新婚旅行や新居等にお金を回した方が、より充実した新生活を送ることが出来ます。

大きな式を挙げたのはいいが、そのおかげで旅行は節約しなければならないとか新生活での資金が不足するなんていうことになっては、まさに本末転倒ですし寂しくなってしまいます。

わたしもさまざまな結婚式に参列してきましたが、やはりどれも皆素晴らしいもので感動を覚えます。


第三者のわたしでもそうなのですから、当の本人達の感動はより深いものであることは間違いありません。


これから数年、そして数十年経った後々までその想い出はきっと消えること無く永遠に続いていくのです。

今は写真のみならず動画を残しておくことも容易ですから、いつまでもその日の感動を思い出すことができます。

本当に予算が厳しい方はなにもしっかりとした式を挙げなくとも、衣装を着て記念写真を撮ってもらうだけでも大きな想い出になります。

現在は必要ないと思っていても、遠い将来のためにも結婚式そのものは挙げていただきたいものです。

も含め確認しておきたいところです。